エステや美容院で行うホワイトニングについて

最近歯科医院ではなく、エステサロンや美容室でホワイトニングを取り扱っているケースがあります

「セルフホワイトニング」と呼ばれ、お客さんが自ら薬を塗り、光を当てるものです

 

歯科医院以外の場所、歯科医師や歯科衛生士といった資格者以外は、お客さんの口の中や歯を触ることが法律で禁止されているため、「お客さんが自分でやる」という形態を取っています

 

セルフホワイトニングを行っている店舗のスタッフの中には歯科医師や歯科衛生士はおらず、歯科の専門資格を持たないアルバイトか社員さんです

 

こういったところでホワイトニングを受けた後、知覚過敏や虫歯、歯にヒビがあった場合など、対処できず、歯科医院を受診する人が多くなっています

セルフホワイトニングは法律的にグレーな部分が非常に多く、最近トラブルの相談件数も非常に多くなってきていますので、注意が必要です

セルフホワイトニングって?

 セルフホワイトニングを謳うHPより
 セルフホワイトニングを謳うHPより

セルフホワイトニングは歯科医院ではなく、エステ店・美容院のような店舗で、以下の手順を自分で行ないます

  1. スタッフから施術の説明を受ける
  2. 歯を磨きま
  3. 口の開口器を自分で装着します
  4. 鏡を見ながら歯にジェルを塗ります
  5. 自分でライトを当てます
  6. 開口器をはずして口をすすぎます

通常ホワイトニングを行う場合は、表面の着色や歯石をしっかり取ってから行いますが、歯科医師や歯科衛生士が在籍していないので、歯石除去などの歯のクリーニング、施術部位の虫歯のチェックがありません

セルフホワイトニングの効果

歯科医院でおこなういわゆるプロのホワイトニングでは医薬品である高濃度の漂泊剤を使用しています

ライトも薬剤専用の高品質なものを使用しています

 

一方、セルフホワイトニングでは医薬品を使用できないためメタリン酸や重曹など市販されているものを使用しています

これらは基本的に表面の汚れを取るための洗剤ですのでプロのホワイトニングのような漂泊効果はありません

歯の表面の汚れがとれるので、白くなったようにみえますが、もともと生まれつきの歯の色以上に白くすることはできません

 

ですので何回通っても、元々の歯の色以上には白くならないので、セルフホワイトニングで真っ白にすることは難しいと考えた方が良いでしょう

 

歯科医院でしか使用できない薬剤を用いたホワイトニングをセルフホワイトニングで使用している場合は薬事法で違法行為ですので注意が必要です

セルフホワイトニングの注意点

1.口をよくすすぐ

ポリリン酸やメタリン酸は食品添加物にも使用されていて少量であれば比較的安全な物質ですが骨形成に悪影響したり腎臓機能低下を誘発するとの報告もあります

終了後にはよくすすいで口のなかに薬剤が残らないようにしてください

 

2.勧誘に注意

一般的にエステサロンと同じジャンルのお店が多いようです

中には高額なコース契約を勧めてくるところもあるようですので注意しましょう

 

3.自己責任という認識を

セルフホワイトニングでは通常施術前に同意書へのサインを求められます

万一なんらかのトラブルがあっても自分で施術をおこなう以上多くは自己責任であるということですので、その点では普通のエステティックなどよりもさらに注意が必要ともいえます

事前に十分に説明を受け、トラブルがあった際の対応についてもしっかり確認しましょう

信頼できる・効果のあるホワイトニングとは

信頼できる本当のホワイトニングとは、ホワイトニングの経験が豊富な歯科医院で資格を持ったスタッフの施術を受けることです

 

歯の色や質は人それぞれ異なるので、個人差を加味し、ホワイトニングの照射時間や濃度、ホームホワイトニングとの組み合わせなどを経験から検討して行なうのが最も効果的な方法です

 

万が一、知覚過敏などが出た場合も歯科医院であれば適切な対処を受けることができ、安全性も高くなります

 

最近の歯科医院でのホワイトニングは短期間で効果の高いものがあるため、下手に安い医薬部外品のホワイトニングに手を出すよりも、結局安くつくことが多いです

求人情報

ご予約、お問い合わせ

 ●急患 随時受け付け●

 ご予約の際はお電話下さい

  TEL: 0178-45-8143

八戸市くぼた歯科 LINE予約

当院公式LINE

@kubota-shikaiin

LINEご予約可能です

Dr晃子のデンタルコラム

スタッフブログ

八戸市キャドカム冠は くぼた歯科医院
広報担当 マリア

 

 助手を目指して奮闘中!

 

みんな見てね(^^)