Dr晃子のデンタルコラム ~虫歯菌の母子感染~

みなさん、こんにちは、歯科医師の 久保田晃子です

 

当院には妊婦さん、出産後のママ、小さな赤ちゃんをもつパパさんたちが多く来院されます

 

これから生まれてくる赤ちゃん、大きくなっていく赤ちゃんのために

正しい歯科の知識を持ってただけたら・・・と思い、今日は

虫歯菌の母子感染について書いてみようと思います

虫歯菌の感染経路

八戸市の歯医者くぼた歯科医院

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在していません


大人の使用したストローやスプーン、キスや口移しでの食事などで大人がもつ虫歯菌が赤ちゃんに感染します


ミュータンス菌は歯の上を住処に増殖するので、歯が生え始める生後6か月3歳がもっとも感染しやすい時期と言われています。


このため、お母さんだけでなく、お父さんも口腔内の虫歯菌をクリーニングで少なくする必要があります

ミュータンス菌の感染リスク

八戸市くぼた歯科 小児歯科


左の図はミュータンス菌を持っているお母さんが

定期的にクリーニングをしている場合

クリーニングしていない場合

子供のがミュータンス菌に感染した割合を調べたものです


定期的にお口の中をクリーニングしているお母さんの子供の方が、明らかに感染率が低いことが分かります


ミュータンス菌が多いと虫歯になるリスクも高くなります



妊娠中の方はもちろん、3歳以下のお子さんをお持ちの家族の方は、ご自分のお口の中のミュータンス菌を少なくするために積極的クリーニングをされるとよろしいでしょう



求人情報

ご予約、お問い合わせ

 ●急患 随時受け付け●

 ご予約の際はお電話下さい

  TEL: 0178-45-8143

八戸市くぼた歯科 LINE予約

当院公式LINE

@kubota-shikaiin

LINEご予約可能です

Dr晃子のデンタルコラム

スタッフブログ

八戸市キャドカム冠は くぼた歯科医院
広報担当 マリア

 

 助手を目指して奮闘中!

 

みんな見てね(^^)