なんで虫歯になるの?

お口の中には虫歯菌がたくさんいます。

虫歯菌はご飯やオヤツの中に含まれる砂糖が大好物です。

虫歯菌が砂糖を食べると「グルカン」というベタベタした”のり”を出して歯にくっつきます。

その中で虫歯菌が繁殖して、どんどん増えていきます。

歯の上で増えた虫歯菌は酸を出して、歯を少しずつ溶かしていきます。

これが虫歯の始まりです。

八戸市の歯医者くぼた歯科医院 子どもの治療
虫歯の始まり (初期虫歯)

 

これが初期の虫歯です。

歯と歯茎の境目が白く濁っています(白濁:はくだく)

この状態では削って詰める必要はなく、予防処置で経過をみることができます。

このまま放置すると白く濁っている部分が壊れて虫歯の治療が必要になります。

八戸市の歯科くぼた歯科医院 子ども虫歯
乳歯の虫歯

 

初期虫歯を放置すると、歯に穴が開き黒くなります。
こうなると早めに虫歯の治療をする必要が出てきます。

浅いうちは麻酔の必要はありませんが、大きくなると麻酔が必要になります。

乳歯は歯が柔らかく、虫歯が進行しやすいので、早めの受診が重要です。

求人情報

ご予約、お問い合わせ

 ●急患 随時受け付け●

 ご予約の際はお電話下さい

  TEL: 0178-45-8143

八戸市くぼた歯科 LINE予約

当院公式LINE

@kubota-shikaiin

LINEご予約可能です

Dr晃子のデンタルコラム

スタッフブログ

八戸市キャドカム冠は くぼた歯科医院
広報担当 マリア

 

 助手を目指して奮闘中!

 

みんな見てね(^^)