お子様の歯の予防

年齢により、むし歯になりやすい場所が異なります

乳歯のむし歯
    年齢別 むし歯になりやすい場所

乳歯は永久歯に比べてもろいため、虫歯になりやすく進行が早いのが特徴です。 乳歯の虫歯を放置すると神経を抜かなくてはならなかったり、抜歯が必要になることもあります。

 

大きな虫歯は後から生えてくる永久歯に悪影響を及ぼし、歯の交換期前の抜歯は噛み合せが悪くなる原因になります。

 

また近年では歯の磨き残しによって歯茎が炎症を起こす「歯肉炎」になっているお子様も 多いため、正しいブラッシング指導を受けて予防をしましょう。 

 

小さい頃に怖い、痛いなどといった嫌な思いをさせてしまうと歯科恐怖症になってしまうお子様もいますので、定期的な検診をお勧めいたします。

ブラッシング指導

歯ブラシ指導 TBI

お子様の年齢によってお口の中の状況は大きく変化します。

生えている歯の本数や生え方、お口の大きさも個人差があるため、使用する歯ブラシを正しく選択することが大切です。

 

乳歯から永久歯へ生え変わりの時期は歯ブラシが難しくなることもあり、保護者の方の仕上げ磨きが必要になります。

正しく歯ブラシを行い、虫歯予防、歯肉炎の予防を行いましょう。

 

ご自宅でのブラッシングは、フッ素入りの歯磨き粉の使用や歯磨き後のデンタルリンスのご使用をお勧めいたします。

お子様の歯の予防

求人情報

ご予約、お問い合わせ

 ●急患 随時受け付け●

 ご予約の際はお電話下さい

  TEL: 0178-45-8143

八戸市くぼた歯科 LINE予約

当院公式LINE

@kubota-shikaiin

LINEご予約可能です

Dr晃子のデンタルコラム

スタッフブログ

八戸市キャドカム冠は くぼた歯科医院
広報担当 マリア

 

 助手を目指して奮闘中!

 

みんな見てね(^^)